フィギュア

羽生結弦の五輪シーズンのフリーは2季ぶり「SEIMEI」

【フィギュア】羽生結弦の五輪シーズンのフリーは2季ぶり「SEIMEI」
【フィギュア】羽生結弦の五輪シーズンのフリーは2季ぶり「SEIMEI」
その他の写真を見る (1/2枚)

 【トロント=田中充】 2018年平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を狙う羽生結弦(ANA)が8日(日本時間9日)、トロントの拠点リンクで練習を公開し、五輪シーズンのフリーで2季ぶりに和をイメージした映画「陰陽師」の楽曲「SEIMEI」を滑ることを明らかにした。

 今春の世界選手権で自身が塗り替えるまで世界歴代最高得点をマークした曲で、新プログラムでは4回転ジャンプを基礎点が1・1倍になる演技後半の3本を含めて5本盛り込み、構成難度を高めた。日本から約80人のメディアが取材に駆けつける中、演技冒頭の4回転ループを決めるなど、調整も順調。日本時間で平昌五輪開幕まで半年を迎え、「連覇したい気持ちはある」と意気込みを語った。

会員限定記事会員サービス詳細