「否決の大阪都構想を再び…市民バカにするな」「堺市長選、蓮舫について…」民進府連代表 平野元官房長官に聞く

 --都構想には反対か

 「大都市構想を含めた住民投票を、また来年ぐらいにしようとしているが、何のためにやるのか。住民が否決した住民投票をもう一回やるというのは、何の根拠があるのか。住民をバカにしている」

 「日本の自治のありようというのは、大阪は民だ。大阪は商都で、民の力が発揮できなければいけない。今の都構想は、何のためにするのかという点が不明確だ」

 --民進党は有権者から信頼を失っている

 「一番、市民に接している議員が自信をもって発信することだ。今は縮こまっている。それではいけない。ただ。地方議員が一生懸命がんばっても波がきたら影響を受ける。中央(党本部)の責任も大きい。相変わらず子供劇場をしているような状況ではいけない」

 「蓮舫氏が党代表になったことについては、もっと大事にしなければいけなかった。いろいろあるが、みんなが選挙で選んだ代表だ。蓮舫氏も勝手な理屈で辞めるのは良くない」