茨城知事選

あす告示 3陣営の戦略は?

 任期満了に伴う知事選が10日告示される。7選を目指す現職の橋本昌氏(71)に対し、いずれも新人で、元経済産業省職員の大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=と、NPO法人理事長の鶴田真子美氏(52)=共産推薦=が挑む構図となっている。3日の内閣改造後、初の大型地方選で、安倍晋三政権に対する評価も一定の影響がありそうだ。27日の投開票に向け、3陣営はどのような選挙戦略で臨もうとしているのか。(鴨川一也、上村茉由、丸山将)

                   ◇

 ■

全域で満遍なく

 「チェンジ茨城! チャレンジ茨城!」を掲げる大井川氏は、選挙期間中は同氏を支援する県議や市町村議らとともに県内をくまなく回り、橋本氏を念頭に「多選の弊害」を訴え、現職への批判票の獲得を狙う。陣営は「若さなど橋本氏との違いを前面に出して戦う」(幹部)と意気込んでいる。

 投票率を向上させ、若者世代などの浮動票をどれぐらい取り込めるかも課題になる。陣営幹部は「どの地域、どの世代の票が伸びるか分からない。県全域で満遍なく伸ばしていくつもりだ」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細