【コワモテ俳優意外な素顔(2)】俳優、遠藤憲一さん 20代はゆすりたかり犯人役ばかり(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

コワモテ俳優意外な素顔(2)

俳優、遠藤憲一さん 20代はゆすりたかり犯人役ばかり

22歳のころの遠藤憲一さん(本人提供)
22歳のころの遠藤憲一さん(本人提供)

 テレビや映画に引っ張りだこの俳優、遠藤憲一さん。10月スタートのNHK連続テレビ小説「わろてんか」では、ヒロインの父親役として登場する。長身で眼光鋭く、いかつい風貌でコワモテ俳優のイメージが強い遠藤さんだが、意外な素顔が次々と明らかになっていく。(聞き手 杉山みどり)

 --遠藤さんが俳優の道を目指されたきっかけは?

 遠藤 高校中退です。教科書をロッカーに入れっぱなしのまま夏休みを迎えたら、先生に全部燃やされてしまって。2学期から教科書を買わずにいたから、授業も面白くなくなって退学しました。その後、バイトを転々としたんですが、ある日、電車の中吊りでタレント養成所の募集広告が目に留まって。軽い気持ちで入ったら、その養成所には劇団もあったんです。

 --そこから芝居の道に入ったんですね

 遠藤 芝居に触れて、人間をつくることが面白くなりました。

 --その後、仲代達矢さん夫妻が主宰する「無名塾」にも入塾されました

 遠藤 10日で辞めてしまいましたけどね。