みんなで砂浜をきれいに サーファーに人気、和歌山・磯の浦海水浴場で清掃イベント

ごみをこまめに拾う「砂浜まつり」の参加者ら=和歌山市
ごみをこまめに拾う「砂浜まつり」の参加者ら=和歌山市

 サーファーに人気の県内有数の海水浴場のひとつ、磯の浦海水浴場(和歌山市磯の浦)で6日、毎年恒例のイベント「夏だ!砂浜まつり」が行われた。海水浴客らによる清掃活動のほか、フラダンスや砂浜での宝探しなどがあり、親子連れらでにぎわった。

 砂浜の環境保全を目的にしたイベントは、磯の浦観光協会が毎年8月の第1日曜日に実施しており、今年で15回目を迎える。

 海水浴客ら約300人の参加者は約20分間、海水浴場内に捨てられたゴミをこまめに拾い集めた。午後からは、清掃活動の参加者が折りたたみ自転車やボディーボードなどが当たる豪華な宝探しに挑戦。フラダンスの披露やビンゴゲームなども行われ、海水浴場内はにぎわいをみせた。

 堺市堺区から友人らと訪れた中村凜太郎さん(14)は「砂浜がきれいになるのはいいこと。きれいな砂浜で海水浴を楽しみたい」と笑顔で話した。

会員限定記事会員サービス詳細