ドバイの79階建て超高層マンションで出火 2015年にも火災 当局は「けが人なし」

 【中東支局】ロイター通信によると、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで4日未明(日本時間同日朝)、79階建ての超高層マンション「トーチ・タワー」で火災があり、上階まで炎が広がった。

 ドバイ当局はツイッターで「住民は避難し、負傷者は出ていない」と発表した。出火は午前1時ごろとみられており、高層から建材が地表に燃え落ち、周囲は閉鎖された。このマンションでは2015年にも火災が起きた。

 このマンションは11年に完成。高さは330メートル以上ある。世界でも屈指の超高層住宅で、ドバイの経済的繁栄の象徴とされてきた。