憲法改正

憲法改正議論 安倍晋三首相「党に任せる」 秋の臨時国会提示先送り示唆 与党で高まる慎重論

 岸田文雄政調会長は4日、「国民の声も踏まえ、丁寧に議論を進めることが重要だ」と記者団に語った。首相の提案に異議を唱えてきた石破茂元地方創生担当相は記者団に「日程ありきではないというのは、私が『議論を粗略にしてはいけない』と発言したことと軌を一にする」と述べ、首相発言を評価した。

 首相の慎重な姿勢の背景には、政権が弱体化している中で臨時国会に党の改憲案を提示したとしても、衆参両院の憲法審査会で発議に向けた議論が進まない可能性があるからだ。

 公明党は改憲をめぐる国民投票で賛否が割れる事態を懸念してきた。同党幹部は「首相はトーンダウンした。国民投票がそんなに簡単ではないことが分かってきたのではないか」と語るなど、改憲論議は停滞を余儀なくされそうだ。