【広角レンズ】覆面販売 再生なるか文庫市場 出版社別→著者別へ(1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

広角レンズ

覆面販売 再生なるか文庫市場 出版社別→著者別へ

【広角レンズ】覆面販売 再生なるか文庫市場 出版社別→著者別へ
【広角レンズ】覆面販売 再生なるか文庫市場 出版社別→著者別へ
その他の写真を見る (1/3枚)

 ■新刊を絞り厳選

 出版不況下で販売不振にあえぐ文庫本のテコ入れを図ろうと、作り手と売り手が知恵を絞っている。内容の一部を隠して興味をかき立てたり、書店の棚での陳列を一新したり。ポケットに入る手軽な一冊を届ける地道な作戦の効果やいかに? (海老沢類)

                   ◇

 当店文庫第1位を独走中!-。東京都江東区にある紀伊国屋書店ららぽーと豊洲店のレジ脇のワゴンに、そんなうたい文句を冠した文庫本が平積みされている。

 女性死刑囚の凄絶(せいぜつ)な生を描く、早見和真さんのミステリー『イノセント・デイズ』(新潮文庫)。手にとると、直木賞作家の辻村深月(みづき)さんが書いた巻末の「解説」がフィルムで閉じられていて、読めないのに気づく。

 「物語の本質に寄り添う解説。そのすばらしさをアピールしつつ、あえて見えないようにすることで『読みたい』気持ちになる」と同店の平野千恵子さん。発売から2週間ほど過ぎた3月中旬に解説部分を覆い、〈未読の方は絶対に読了後に〉などと記した宣伝文を挟んだ。すると売れ行きは約10倍に急伸。1店だけですでに1600冊以上を売った。