現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

日露関係に絡む2つの「怪談」 森喜朗元氏を利用してプーチン氏への期待を復活 新潟県立大学教授・袴田茂樹

怪談としか言いようのない2つの事態が、日露関係に生じている。この2つの問題は日本側の上滑りの対露政策の本質を、痛いほど突いている。

共同経済活動は新たなハードル

怪談1…昨年12月プーチン大統領が訪日したが、彼が強調したのは経済協力のみで、「領土問題を解決して平和条約締結」の話し合いは、むしろ後退した。かつて露側が求めた四島での共同経済活動を、昨年5月に安倍晋三首相の側から提案。12月の首脳会談では、平和条約への第一歩として「特別な制度の下で行う」ことに合意したと首相は発表した。筆者は、露側は共同経済活動は露の法律下で行うのが基本原則で、この面でプーチン氏は譲歩しないと述べてきた。「怪談」の根はここにある。

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  2. 【産経抄】5月19日

  3. 【直球&曲球】中江有里 「生きやすいコロナ禍」にするために

  4. 【主張】NATO北方拡大 露大統領の戦略的敗北だ

  5. 【正論】食の確保こそ安全保障の要諦だ 日本財団会長・笹川陽平

  6. 【浪速風】偉大な棋士と若き王者のはざまで

  7. 【日曜に書く】論説委員・長戸雅子 ガラパゴスの被害者支援

  8. 【主張】GDP年率1%減 消費を支え物価高克服を

  9. 【社説検証】韓国新政権始動 産経「国と国の約束果たせ」/朝毎東「首脳同士で修復を」

  10. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

会員限定記事