華麗なる宝塚

蓮つかさ「本当の男性ではないからこそ、作り上げられる魅力がある」 月組新人公演で初主演

【華麗なる宝塚】蓮つかさ「本当の男性ではないからこそ、作り上げられる魅力がある」 月組新人公演で初主演
【華麗なる宝塚】蓮つかさ「本当の男性ではないからこそ、作り上げられる魅力がある」 月組新人公演で初主演
その他の写真を見る (1/3枚)

 宝塚歌劇団月組の新人公演「『All for One』〜ダルタニアンと太陽王〜」で、入団7年目の男役スター、蓮(れん)つかさが初主演する。入団7年目までが出演する公演。ラストイヤーで念願のセンターに立つ蓮は「今まで色々な役をさせていただいた経験を踏まえて、頑張りたい」と意気込む。兵庫・宝塚大劇場は8月1日、東京宝塚劇場は9月14日。

 新人公演の最上級生。キャリアを重ねた上でのビッグチャンスだけに、蓮は「期待に応えられるかと…。うれしい気持ちと同時に責任感や不安で、最初は混乱しました」と正直だ。

 実は、主役のライトを一度、受けたことがある。入団4年目の新人公演「TAKARAZUKA 花詩集100!!」の1場面で、前トップ、龍真咲(りゅう・まさき)の役を得た。

 「視界が真っ白で、圧倒されて、宝塚も東京も、あっという間に終わってしまった。そこから(新人公演最終学年の)7年生までにもう一度、(センターに)という思いはありました」

 作品ごとに自分の目標を掲げ、着実に進んできた。「1789-バスティーユの恋人たち-」で本公演初せりふをもらう。龍の退団公演は主人公の弟役に。その新人公演で専科の沙央(さおう)くらま演じる役を演じて男役を深め、前回の新人公演「グランドホテル」では女役に挑戦した。

 1年後輩の暁千星(あかつき・ちせい)が、トップを支える主力の1人として活躍していることも原動力だ。「もっと頑張ろうという気持ちになれる。暁は堂々としてパワフル。後輩ですけど、良きライバルだと思っています」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細