愛媛「正論」懇話会

加計学園問題「反安倍政権勢力が倒閣に利用」と指摘…元大蔵・財務官僚、高橋洋一氏 懇話会詳報

【愛媛「正論」懇話会】加計学園問題「反安倍政権勢力が倒閣に利用」と指摘…元大蔵・財務官僚、高橋洋一氏 懇話会詳報
【愛媛「正論」懇話会】加計学園問題「反安倍政権勢力が倒閣に利用」と指摘…元大蔵・財務官僚、高橋洋一氏 懇話会詳報
その他の写真を見る (1/2枚)

 松山全日空ホテル(松山市)で25日に開かれた愛媛「正論」懇話会の第50回講演会は、政治・経済分野で活発な言論を展開している元大蔵・財務官僚で嘉悦大学教授の高橋洋一氏が、今治市に開設される予定の岡山理科大獣医学部をめぐる問題を取り上げ、「加計学園騒動から見る政治経済情勢」の演題で講演した。

 高橋氏は財政金融政策のほか統計学や行政学、国際関係論など、幅広い分野に通じた広い視野からの分析に定評があり、自らも内閣府の経済財政諮問会議で規制改革に携わった経験を持つ。愛媛県民にとって身近な話題とあって、参加者は熱心に聞き入った。

申請は自由、門前払いは国民の権利害する大問題

 高橋氏は加計学園問題の本質について、文部科学省にはいろいろな許認可があるが、「告示」という省内の規則で獣医学部の新設は「申請を受け付けない」としてきた点を一番に挙げた。これにより、新設は50年間ストップしてきた。

 「今回の国家戦略特区は、これを申請してもいいですよと変えただけの話。そもそも申請を受け付けないというのは違法だ。申請は自由なはずで、門前払いにするというのは国民の権利を害する大問題だ」と述べた。

 また、この告示を問題視した規制改革委員会が平成17年に文科省に対し説明を求めたところ、「挙証責任は委員会側にあると、理屈の通らないことを言ったのが、課長時代の前川喜平・前文部科学事務次官だった」と紹介。「問題の本質はこの変な告示。権益のために獣医師会はそれを守ろうとする。文科省も天下りに利用できる許認可権と告示を守ろうとしてきた」と厳しく批判した。

会員限定記事会員サービス詳細