閉会中審査

自戒を込めて? 民進・蓮舫代表「二転三転は信頼失墜につながる」 安倍晋三首相の学部新設計画把握時期の答弁修正を批判

【閉会中審査】自戒を込めて? 民進・蓮舫代表「二転三転は信頼失墜につながる」 安倍晋三首相の学部新設計画把握時期の答弁修正を批判
【閉会中審査】自戒を込めて? 民進・蓮舫代表「二転三転は信頼失墜につながる」 安倍晋三首相の学部新設計画把握時期の答弁修正を批判
その他の写真を見る (1/2枚)

 民進党の蓮舫代表は25日、学校法人「加計学園」(岡山市)問題などに関する参院予算委員会の閉会中審査で、安倍晋三首相が獣医学部新設計画を把握した時期に関する答弁を修正したことについて「首相が二転三転で、『自分の発言が間違っている』ということ自体、信頼失墜につながっている」と批判した。国会内で記者団に語った。

 首相は計画を把握していた時期について、24日の衆院予算委で国家戦略特区に申請された1月20日だと説明していた。しかし、25日午前の参院予算委で蓮舫氏らから過去の国会答弁と矛盾があると指摘され、「整理が不十分だった」と釈明し、前の答弁を修正していた。

 蓮舫氏は自身の台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題で説明を二転三転させ、「事実の確認をせずに発言してしまった。深く反省している」と述べていた。

会員限定記事会員サービス詳細