スポーツ岡目八目

五輪野球もこぢんまり? シーズン真っ盛りにトップ選手出せず、先細りが否めない世界野球の今後

【スポーツ岡目八目】五輪野球もこぢんまり? シーズン真っ盛りにトップ選手出せず、先細りが否めない世界野球の今後
【スポーツ岡目八目】五輪野球もこぢんまり? シーズン真っ盛りにトップ選手出せず、先細りが否めない世界野球の今後
その他の写真を見る (1/2枚)

 2020年東京五輪で競技が復活する野球・ソフトボールだが、7月に入ってからというもの、出てくる話題は気勢が上がらないものばかり。このままの規模、形式では五輪史上に残るこぢんまりとした競技になりそうだ。これで24年大会以降も存続できるのか。

大物やはり来ず

 東京五輪への一流大リーガーの参加は案の定なさそうだ。MLB(米大リーグ機構)のロブ・マンフレッド・コミッショナーがメジャーのトップ選手を五輪に出場させることに改めて反対の立場を表明したと11日、AP通信が報じた。「一流選手を出場させるためシーズンを中断することなど想像できない」という明確な意思表示だった。

 今年2月には大リーグ選手会幹部が「日程の問題で大リーガーが出場するには相当な努力がいる」とすでに否定的な見解を示していた。マンフレッド・コミッショナーは「われわれにはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)という代案がある」と強調しているが、そのWBCでさえトップ選手がそろっているかといえば印象はほど遠い。五輪のためシーズン真っ盛りの夏に選手を長期間派遣する選択はハナからなかったわけだ。

小規模運営

 五輪野球が最後に行われた08年北京五輪には8チームが出場、優勝した韓国は計9試合を全勝した。総当たりの予選リーグを7試合、上位2チームが進出した準決勝以降で2試合を戦っている。

 それに比べ、東京大会の野球は実にこぢんまりとしている。現段階では日本を含め6カ国・地域が参加。これを3カ国ずつ2つの組に分け、各チーム2試合ずつ、全部で6試合の予選が戦われる。これまで同様、上位2チームによる決勝トーナメントが行われるとすれば、4試合勝てば優勝、競技全体でも計10試合しか行われない計算。参加国の半分がメダルを手にする。