畑中葉子も悲痛、平尾さんとのデュエット曲「歌詞が現実に…」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

畑中葉子も悲痛、平尾さんとのデュエット曲「歌詞が現実に…」

舞台後、取材に応じた畑中葉子=東京・世田谷区
舞台後、取材に応じた畑中葉子=東京・世田谷区

 作曲家、平尾昌晃さん(享年79)とのデュエット曲「カナダからの手紙」が大ヒットした歌手で女優、畑中葉子(58)が23日、東京都内で出演舞台後、取材に応じた。

 最後に故人と会ったのは、2015年9月の「ウエスタンカーニバル」公演で「体調がよくないことは存じ上げていました。もうお会いすることができないかもと、覚悟をしていたところはあった」とポツリ。16歳で父を亡くしており、「父のように感じていました」と瞳を潤ませた。

 来年は「カナダ-」発売から40年。「『あなたの居ないひとり旅』という歌詞が現実になってしまいました。これからも大切に歌わせてもらいます」と声を震わせた。