閉会中審査

安倍晋三首相、加計側への便宜否定 「丁寧に説明努力」 計画白紙にせず

衆院予算委員会の集中審議で、民進党の玉木雄一郎幹事長代理の質問に答弁する安倍晋三首相=24日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
衆院予算委員会の集中審議で、民進党の玉木雄一郎幹事長代理の質問に答弁する安倍晋三首相=24日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 衆院予算委員会は24日、安倍晋三首相らが出席して閉会中審査を行い、首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の問題などに関する集中審議を実施した。首相は「個別の案件について指示することは全くない」と明言し、獣医学部新設計画に絡む便宜を図ったことはないと重ねて訴えた。

 一方で「『李下(りか)に冠を正さず』という言葉がある。常に国民目線に立ち丁寧の上にも丁寧に説明を重ねる努力を続けたい」と語り、世論の批判に真(しん)摯(し)に対応する姿勢を強調した。「経済の好循環を回していくことによって国民の信頼を回復していく」とも表明した。

 学部新設計画の今後に関しては「白紙にすることは考えていない。疑念を晴らすため、何ができるかは真剣に考えたい」と述べた。

 計画を把握した時期については、国家戦略特区の申請が認められた今年1月20日だったと説明した。野党は「信じられない」と反発したが、菅義偉官房長官は記者会見で「首相自身が答弁しており、それに尽きる」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細