塩野義のインフルエンザ新薬、来年にも販売へ タミフルより症状を早期に改善

 厚労省は、世界に先駆けて優れた新薬を発売するために優先的に審査する「先駆け審査指定制度」を使って、通常1年程度かかる審査を半年程度に短縮する。塩野義は昨年、この薬の世界販売などでスイス製薬大手のロシュと提携しており、日本以外でも各国の審査を経て売り出す。

▼【関連ニュース】田辺三菱製薬、イスラエル社を買収 パーキンソン病治療薬開発ベンチャー

会員限定記事会員サービス詳細