突然現れる妖怪、恐怖に涙目の子も… 広島の郷土資料館で「夏休みおばけの博物館」

突然現れる妖怪、恐怖に涙目の子も… 広島の郷土資料館で「夏休みおばけの博物館」
突然現れる妖怪、恐怖に涙目の子も… 広島の郷土資料館で「夏休みおばけの博物館」
その他の写真を見る (1/2枚)

 お化け屋敷や展示パネルで妖怪などを紹介する毎年夏恒例の企画展「夏休みおばけの博物館」が、広島市南区の市郷土資料館で始まった。お化け屋敷では、立体模型以外に変装した人間も登場する恐怖の演出におびえ、涙目の子供も。一方で広島ゆかりの妖怪も詳しく解説しており、「夏休みの自由研究にいかが」と来場を呼びかけている。

「キャー」と悲鳴…冷静に観察する子も

 企画展は今年、立体模型12体と展示パネル50点を設置した。

 2階にあるお化け屋敷では、懐中電灯を借りるなどして暗闇の中を進む来場者に、血まみれの手で畳をはい回る「はいはいお化け」をはじめ、怪獣のように巨大な「大亀」、井戸から出現する「井戸おばけ」などが次々に登場。

 途中、白衣姿のボランティア市民が突然現れて来場者を驚かせ、館内に「うわっ」「キャー」など大きな悲鳴が響いた。

 ただ、豆腐を手に歩き回るだけの、どこかユーモラスな「とうふ小僧」など笑える立体模型も。

 入り口前でおびえて立ちすくむ子供や、途中怖くなって保護者にしがみついたり、泣き出したりする子供がいる一方、妖怪の立体模型を冷静に観察する子供まで、さまざまな反応をみせていた。

会員限定記事会員サービス詳細