人気漫画「ワンピース」、米ハリウッドで実写ドラマ化 テレビシリーズ史上最高の制作費を想定

「ワンピース」連載20周年記念イベントに出席した(右から)主人公のルフィ、週刊少年ジャンプの中野博之編集長、お笑いタレントの横澤夏子さん=21日、東京都港区(本間英士撮影)
「ワンピース」連載20周年記念イベントに出席した(右から)主人公のルフィ、週刊少年ジャンプの中野博之編集長、お笑いタレントの横澤夏子さん=21日、東京都港区(本間英士撮影)

 集英社は21日、尾田栄一郎さんの人気漫画「ワンピース」の米ハリウッドによる実写テレビドラマ化を発表した。配役や放送時期などの詳細は未定。同作の連載20周年を記念したイベントで明らかにした。

 集英社によると、実写化を担当するのは米人気ドラマ「プリズン・ブレイク」などを手がけたプロデューサー、マーティ・アデルスタインさん率いるトゥモロースタジオ。原作者の尾田さんや、集英社との共同プロジェクトとなる。

 週刊少年ジャンプの中野博之編集長によると、プロジェクトは約3年前に始動。アデルスタインさんはイベントで発表されたコメントの中で、「私は20年にわたる『ワンピース』のファン。私の持っている全てをかけてシリーズを絶対に成功させる。今作品はテレビシリーズ史上、最も制作費の高い作品になると思う。世界中からの注目度を考えると、このような規模の制作費を投じるべき価値はある」と強い意気込みを示した。

 尾田さんもコメントを寄せ、「20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。まず『20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らない事。』これが僕からの条件です。不安の声もあがるでしょうがどうか期待の声をください」と期待感を示した。