共産・不破哲三前議長、1年ぶりに公の場に 「ウルトラ右翼の潮流で国政私物化」と怪気炎

 一方、綱領については「自民党政治に代わる新しい展望と大きな構想を示している。国内的にも国際的にも試されるときを迎えた」と述べ、堅持する構えを示した。

 民進党には共産党アレルギーがある中、共産党関係者は「不破氏の了解がなければ綱領は変えられない」と語る。綱領の維持は野党の共通公約作りなどで足かせになりかねない。(水内茂幸)

会員限定記事会員サービス詳細