ビジネスの裏側

脱大阪を宣言 「もう限界」訴えたパナソニック・樋口泰行氏の正論

 近畿大学経営学部の松本誠一准教授(経営学)は「税金の優遇措置を受けることよりも、東京での事業拡大や最前線の情報獲得などを優先する企業の方が多い。地方ならではの成長戦略を企業に提案する政府や自治体の取り組みがより求められる」と指摘している。

▼【関連ニュース】同じパナソニックの祖業自転車は大阪のまま「売上高3倍増!」、斜陽から起死回生への勝算

▼【関連ニュース】同じ大阪の田辺三菱製薬、先を見通し「時代は洋薬や!」決断が今の隆盛に

会員限定記事会員サービス詳細