赤字のお仕事

「氷が溶ける」「氷が解ける」。どっちを使うの?

 だが、待てよ。さらにハンドブックを見ていると、「溶かす・溶く・溶ける」の用例に「砂糖・鉄が溶ける」と書いてある。「鉄が溶ける」って、変じゃないの? 鉄は自然に溶けないので「鉄が溶かされる」じゃないのか? それとも、人為的に溶かされることは当たり前という前提で「鉄が溶かされる」ではなく、自動詞的に「鉄が溶ける」と書いてあるのか。よく分からなくなってきた。いや、自分は他動詞・自動詞の考えにこだわり過ぎたのかもしれない。普通に「鉄が溶け落ちた」「鉄が溶けた」という表現はあるものな。

 じゃあ、「アイスキャンディー」「アイスクリーム」の場合は、どうだろうか? 氷菓子のアイスは氷の一種だから、氷と同様「アイスが解けた」とするのだろうか? 常温では自然にとけてしまうので「氷」とみなせば理屈的にはそうなるのだろうが、「アイスが解けた」は相当違和感がある。

 産経ハンドブックの用例にある「固体が液体」になったと解釈して「アイスが溶けた」の方がしっくりくる。こういう場合は「アイスがとけた」と平仮名にするのも一つの方法である。

会員限定記事会員サービス詳細