河崎真澄のチャイナウオッチ

アジアインフラ投資銀のヒト・カネ・モノ研究

【河崎真澄のチャイナウオッチ】アジアインフラ投資銀のヒト・カネ・モノ研究
【河崎真澄のチャイナウオッチ】アジアインフラ投資銀のヒト・カネ・モノ研究
その他の写真を見る (1/5枚)

 「幽霊の正体見たり…」まだまだ実力不足「質」追いつかず中国主導の国際金融機関であるアジアインフラ投資銀行(AIIB)の存在感が強まっている。2015年12月設立で、翌月の16年1月に北京で開業したAIIB。韓国の済州島で6月に行われた第2回年次総会までに、わずか1年半で80の国と地域の加盟を承認するに至った。日米主導で1966年12月にフィリピンのマニラで設立され、半世紀以上を経たアジア開発銀行(ADB)が67カ国・地域なのに対し、規模で競う姿勢をみせている。(※6月27日にアップされた記事を再掲載しています)

 AIIBにはすでに主要7カ国(G7)のうち英国やドイツ、カナダなど日米を除く5カ国までが参加している。AIIB最大出資国で強大な決定権をもつ中国との距離感から、先進国の判断は分かれている。

 日本は5月に安倍晋三首相が、「疑問点が解消されれば(AIIB参加も)前向きに考える」と述べたことを受け、経済同友会の小林喜光代表幹事が、ガバナンス(組織運営)などを点検した上で「前向きに対応するのが自然と思う」と前のめりの発言を行った。

 小林氏は、ADBとAIIBの関係について、「より質の高いプロジェクトをADBがやり、インフラの一部など分かりやすく単純な部分をAIIBがやるという考えもある」と指摘した。AIIB参加により、海外でのインフラ建設案件をめぐる輸出チャンスが見込めるとの思惑がありそうだ。