抜け穴だらけの対北制裁

160カ国と国交、断てぬ資金流入「北は孤立していない」 国連安保理、緊急会合

 今年に入っても、北朝鮮が5月に3週連続で弾道ミサイルを発射し、米中で対北制裁協議が本格化。米国は石油の取引制限など新たな措置を求めたが、中国が反対し、6月に資産凍結などの制裁対象を追加しただけの決議を採択した。(ニューヨーク=上塚真由)

会員限定記事会員サービス詳細