北ミサイル

ICBM発射 金正恩氏が3日に命令、4日の実験にも立ち会う 「国家核武力完成のための最終関門」

 【ソウル支局】北朝鮮の朝鮮中央テレビが4日伝えた「特別重大報道」によると、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験は金正恩朝鮮労働党委員長が3日に命令を下した。金氏自身も4日午前の発射に立ち会ったという。

 ラヂオプレスによると、重大報道は、ICBM発射実験を「国家核武力完成のための最終関門」と位置づけ、「一度での成功は(中略)朝鮮の不敗の国力と無尽かつ強大な自立的国防工業の威力の一大示威」だとして、「特記すべき大慶事」だと述べている。

会員限定記事会員サービス詳細