【東京都議選】安倍晋三首相、自民党の歴史的惨敗に「深く反省しなければいけない」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京都議選

安倍晋三首相、自民党の歴史的惨敗に「深く反省しなければいけない」

都議選の大敗について語る安倍晋三首相=3日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)
都議選の大敗について語る安倍晋三首相=3日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は3日午前、東京都議選での自民党が歴史的惨敗を喫した結果について「大変厳しい都民の審判が下された。自民党に対する厳しい叱咤と深刻に受け止め、深く反省しなければいけない」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 敗因に関し首相は「政権が発足して5年近くが経過する。安倍政権に緩みがあるのではないかという厳しい批判があったのだろう。真摯に受け止めなければいけない。政権を奪還したときの初心に立ち返って全力を傾けてまいる決意だ」と説明した。また、「党一丸となって、しっかりと体制を整え、結果を出していくことによって、国民の信頼を回復していきたい」と語った。

 国政への影響には「内外に課題は山積している。こういうときこそ、私たちは一層身を引き締め、反省すべき点はしっかりと反省しながら、謙虚に丁寧に、そしてやるべきことはしっかりと前に進めていかなければいけないと考えている」と強調した。