東京都議選

自民惨敗に安倍晋三首相「深く反省」 公明「政府・与党が結束して国民の期待に応えていくべきだ」と強調

 首相は同日午後に官邸で開かれた政府与党連絡会議で、連立を組む公明党と政権与党として結束し、政権運営に当たる方針を確認。都議選で小池百合子都知事が率いる地域政党・都民ファーストの会と選挙協力した公明党の山口那津男代表は会議冒頭、「都議選の結果は都政に関する都民の厳粛な審判だ。内外の課題が山積するなか、しっかり政府・与党が結束して国民の期待に応えていくべきだ」と強調した。

 会議では、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐり、早期の国会召集を求める民進、共産など野党への対応も協議する見通し。

 首相は7、8日に独ドイツのハンブルクで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議から帰国後、内閣改造と党役員人事の検討を本格化する。政策重視の姿勢を改めて打ち出し、局面を打開できるかが焦点となる。