【産経抄】地名は韓流お断り 東海、独島はびこる 7月2日(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

産経抄

地名は韓流お断り 東海、独島はびこる 7月2日

 『荒城の月』で知られる詩人の土井晩翠は、本来、「つちい」と読む姓を「どい」の音に改めた。還暦を過ぎた頃という。理由に諸説あり、と外山滋比古さんが『おしゃべりの思想』(ちくま文庫)に書いている。

 ▼世間では「どい・ばんすい」で通っており、本人が諦めた。長女の提案を受け入れた。選挙人名簿の「ど」に自分の名があった。どの説にもクスリとさせられる。言葉の持つ響きを生命線とする詩人にとっては、「どい」と「つちい」の違いは一大事であったろう。

 ▼常識的に考えれば、人の表札に「自分たちの呼び方はこうだから」と勝手な呼称を上書きする人はいない。公的な標識を書き換えれば、それは非常識の域を越えている。「日本海」の場合、国際呼称はSea of Japan以外に正しい表記はあり得ない。

 ▼国連などが「日本海」を標準表記と認めているのは言うまでもない。国際社会ではしかし、韓国側の対外広報が浸透しつつある。日本海とEast Sea(東海)を併記した地図が、海外で増えているという。竹島の「独島」表記といい、懲りない国である。