将棋

連勝ストップの藤井聡太四段「完敗でした」 大記録と記憶残し新たなスタート

【将棋】連勝ストップの藤井聡太四段「完敗でした」 大記録と記憶残し新たなスタート
【将棋】連勝ストップの藤井聡太四段「完敗でした」 大記録と記憶残し新たなスタート
その他の写真を見る (1/5枚)

 デビュー戦から半年、無敗のまま走り続けた14歳の快進撃が止まった。将棋の最年少棋士、藤井聡太四段が2日に行われた竜王戦決勝トーナメント2回戦でプロ初黒星を喫し、自身が持つ歴代最多連勝記録は「29」で途絶えた。「30」の大台は逃したが、プロ初対局から並み居る年長者を次々退けてきた中学生棋士は、大記録と強烈な記憶を残してまた新たなスタートを切る。

 「負けました」。午後9時31分、藤井四段が小さな声で投了を告げ、頭を下げた。プロ入り後初の黒星が決まった。

 「機敏に仕掛けられて、そのまま押し切られてしまった。完敗でした」。大勢の報道陣に囲まれても大きく表情を変えず、淡々と一局を振り返った上で「連勝はいつか止まるもので仕方ないこと。気にしていない」と語った。

 相手の佐々木勇気五段(22)は平成22年にプロ入り。プロ棋士を養成する奨励会時代から評価が高い若手のホープだ。記録更新がかかった大一番。東京・千駄ケ谷の将棋会館には朝から約100人の報道陣が集まり、多くのファンがネット中継を見守った。

 注目の対局は佐々木五段の先手番で午前10時にスタート。序盤から佐々木五段がうまく指し回し、主導権を握った。強敵との対決にも気負いは見られなかった藤井四段だが、相手の鋭い攻めを受け、盤上にじっと目を注ぎ「長考」する場面も。丁寧な指し手を貫いた佐々木五段の優位を最後まで崩せず、押し切られた。