キリンとサントリー、同性婚を容認 多様な人材確保へ人事制度見直し

 また、これに関連し、キリングループの4社は7月1日から、心と体の性が一致しない性同一性障害の従業員が性別適合手術やホルモン療法といった治療を受けるとき、最大で60日の有給休暇を取得できる制度を導入する。

 未消化の有給休暇を計60日まで積み立てられる制度があったが、子供の看病や両親の介護などに限られていた。これに性同一性障害の治療も加える。

 LGBTには同性愛や両性愛、性同一性障害が含まれる。電通が約7万人を対象に平成27年4月に実施した調査によれば、LGBTに該当する人は約7・6%に達した。24年に実施した前回調査より2・4ポイント増えており、企業側の対応も急がれている。