【心のケア がん患者と家族】(下)残された子供 仲間と遊び、得る癒やし(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

心のケア がん患者と家族

(下)残された子供 仲間と遊び、得る癒やし

【心のケア がん患者と家族】(下)残された子供 仲間と遊び、得る癒やし
【心のケア がん患者と家族】(下)残された子供 仲間と遊び、得る癒やし
その他の写真を見る (1/2枚)

 家族ががんになると、成長期の子供にも大きな影響がある。国立がん研究センターの推計によると、1年間に新たに発症するがん患者のうち18歳未満の子供がいる人は全国に約5万6千人。その子供は約8万7千人に上る。

 「響(ひびき)の5歳が見たい。10歳が見たい。15歳が見たい。20歳が見たい…」

 ロックバンド「ヒューマンロスト」のボーカリスト、半田真理子さん(クリーミーマコ)は手帳にこう記し、肺線がんのため、平成25年6月に44歳で死去した。

 一人息子の響君(8)は現在、千葉県市原市で、祖母の吉可(よしか)さん(76)らとともに暮らしている。真理子さんが亡くなった当時4歳。生前の記憶はほとんどない。ただ、写真を見て「きれいな人」だと思う。また、真理子さんの歌を憶(おぼ)え、ユーチューブに残った映像を繰り返し見ることで懐かしむ。「知っているのは『ヒューマンロスト』のママだけ」。そう言って、にこりと笑った。