浪速風

「都構想」再燃もわかりにくい…何がどうなるの?

大阪都構想をめぐる住民投票で敗れ、橋下徹氏は政界引退を表明したが…
大阪都構想をめぐる住民投票で敗れ、橋下徹氏は政界引退を表明したが…

2年前、住民投票で敗れた橋下徹大阪市長は「やっぱり間違っていたということになるんでしょうね」と政界引退を表明した。得票率にしてわずか0・8ポイント差だったが、決着がついたと思われた。「大阪都構想」が息を吹き返した。法定協議会で案をまとめ、来年秋に再び住民投票を行うという。

▶今度は「総合区」も協議する。都構想なら大阪市はなくなるが、総合区は市が残り、区の権限を強化する。で、何がどうなる。府市の二重行政は解消できるのか。わかりやすく説明してほしい。投票方法も、いろんな案を候補者に見立てて、過半数が得られなければ、上位2案で決選投票をしてはどうか。

▶私見だが、東京23区に比べて、大阪市の24区は多すぎる。ちょっと歩けば隣の区なのに、うちの区にはアレがない、コレもほしい…ではすぐに財布は底をつく。再編して減らした方がいい。インバウンド(訪日外国人客)は好調だが、地盤沈下が止まったわけではない。