スポーツなんでやねん

韓国サッカー界また暴力沙汰、浦和戦で大暴走…うやむやな裁定が済州の暴挙を招いたのでは?

【スポーツなんでやねん】韓国サッカー界また暴力沙汰、浦和戦で大暴走…うやむやな裁定が済州の暴挙を招いたのでは?
【スポーツなんでやねん】韓国サッカー界また暴力沙汰、浦和戦で大暴走…うやむやな裁定が済州の暴挙を招いたのでは?
その他の写真を見る (1/3枚)

 既視感があったと言うべきだろうか。またしても韓国がからんだサッカーの試合で、暴力沙汰が勃発(ぼっぱつ)した。5月31日に埼玉スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第2戦で、済州(韓国)の選手やスタッフが、浦和の阿部勇樹や槙野智章らに襲いかかった事件のことだ。

中途半端な処分…理由は暴力傾向に目をつむってきたから?

 試合は浦和が延長戦の末、3-0で勝ち、2戦合計3-2で準々決勝に進出したが、敗れた済州側の行動は試合中から常軌を逸していた。終了間際に両ベンチの反対側のサイドで小競り合いが起きると、済州の控え選手だった白棟圭がビブス姿のままピッチを横切って阿部の顔面にジャンピングエルボーを見舞った。試合後には観客席に向かって喜びを爆発させた浦和の選手に済州の選手やスタッフが乱闘を仕掛け、体当たりしたり、ペットボトルを投げつけたり…。数人に追いかけ回された槙野は入退場のゲートに逃げ込んだ。

 浦和から抗議文を受け取ったアジア・サッカー連盟(AFC)は今月9日、試合中に退場となりながら乱闘に加勢した趙容亨に6カ月の出場停止と罰金、阿部に肘打ちした白棟圭は3カ月と罰金、浦和選手を殴った権韓真には2試合と罰金の処分をそれぞれ科し、クラブにも4万ドル(約440万円)の罰金を命じた。