加須市の男児がO26に感染

 加須市は21日、同市立騎西中央幼稚園に通う男児(5)が腸管出血性大腸菌O26に感染したと発表した。男児は今月12日から下痢の症状を発症。14日に病院で検査を受け、21日にO26の感染が分かった。男児の症状は軽く、既に回復し通園している。感染源は特定できていない。

 同市によると、同幼稚園で男児以外の園児は感染しておらず、通常通り開園している。

 21日に男児の感染が判明した後、園内を消毒した。今週中はプールの利用を控えるなどの対応を取る。