加計学園問題

公明・山口那津男代表「疑念あれば説明するのは政府の役割」 閉会中審査にも前向き姿勢

山口那津男代表
山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は22日、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、萩生田光一官房副長官の名前が出てくる文部科学省の記録文書が明らかになったことを踏まえ、政府が調査を尽くして説明責任を果たすべきだとの認識を示した。

 山口氏は東京都内で開かれた党会合で「国民に対し、疑念があれば説明することは政府の役割だ」と強調し、「今後、新しい文書の発見が続いて議論を引きずるようなことは避けるべきだ」と述べた。「必要があれば、閉会中審査を開くなど適切な措置を検討していただきたい」とも語った。

会員限定記事会員サービス詳細