映画深層

生命保険を解約して制作費を捻出 本業は実は…「よろずや探偵談」沢村東次監督のロマン 

 伏見に沢村監督の現場について聞くと、「とにかく臨機応変で、すごくやりやすかった」と話す。「みんなで和気藹々(あいあい)でね。バーベキューをやってくれたりしたけど、普通はそんなことしないですよ」

 1作目から続いて出演している三浦も、めちゃくちゃ楽しかったと振り返る。

 「普通、現場では監督さんは『監督!』と呼ばないといけない。でも後藤さん(沢村監督の本名)は、みんな『後藤さん!』なんですよ。そういう空気感ってすごいなと思います。かといってこだわるところは相当こだわるし、やっていて信頼できるんです」

 「そういえばあのとき、あんなバカな映画を見たよね、みたいに記憶に残ってくれれば」と話す沢村監督に、最後に監督名の由来について聞いてみた。

 「沢村って、かっこいいじゃないですか。後藤じゃなくて沢村になりたかったなと思って。東次は、千葉出身の伝説のレーサー、浮谷東次郎(1942〜65年)からです」

 どこまでもロマンチックな監督だった。

(文化部 藤井克郎)

 「よろずや探偵談」は6月29日〜7月2日、東京・ザムザ阿佐谷で公開後、7月15日から金沢21世紀美術館(石川県金沢市)で開催されるカナザワ映画祭2017でも上映される。

■予告編動画はこちら

会員限定記事会員サービス詳細