加計学園問題

「総理のご意向」内閣府・文科省が水掛け論 「強い口調」文書反映か

【加計学園問題】「総理のご意向」内閣府・文科省が水掛け論 「強い口調」文書反映か
【加計学園問題】「総理のご意向」内閣府・文科省が水掛け論 「強い口調」文書反映か
その他の写真を見る (1/2枚)

 学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、「総理のご意向」などと記した文書に関する内閣府の調査結果が16日に公表されたが、前日に文部科学省が明らかにした再調査結果との矛盾が目立った。問題の突破口となり得る核心発言に対する双方の認識は「水掛け論」の様相で、平行線をたどったままだ。

 安倍晋三首相の知人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設の早期開設に向け、首相の意向はあったのか-。内閣府は今回の調査結果で、文科省が確認した「内閣府の回答」文書などに記された「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」の文言について、「発言した者はいない」と完全に否定した。

 ただ、内閣府の調査結果には歯切れの悪さも残る。公式の会合などで繰り返される首相の制度改革全般に対する強い意向を踏まえ「関係省庁との議論を行う際に言及することはあった」と説明したからだ。そうした意味では、「総理のご意向」と似た発言が内閣府と文科省の間で飛び交った可能性はくすぶる。

 内閣府は文書の発言に関する認識の食い違いにも言及。特区制度など各省庁の利害が激しく対立する政策で、内閣府職員がときおり使う「強い口調」が文書に反映された可能性を指摘した。

 中央省庁間の駆け引きでは珍しくないとされる恫喝(どうかつ)まがいの発言を、文科省職員が「真に受けた」という見方だ。文科省職員も「同じ趣旨の発言はあったと思うが、真意は分からない」としており、双方の認識が一致することはなさそうだ。

会員限定記事会員サービス詳細