現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

6月1日、プーチン大統領は北方領土めぐり「重大発言」 不可解すぎる官邸の対露政策 新潟県立大学教授・袴田茂樹

6月1日にプーチン大統領は、日露関係や北方領土問題に関して重大発言をした。私にとって衝撃的だったのは、日米韓などが北朝鮮の核・ミサイル開発に対抗してミサイル防衛(MD)システムなどを強化していることに対して、彼が「これはイランの核を口実にした欧州でのMD配備と同じ欺瞞(ぎまん)で、問題は全く北朝鮮にあるのではない」と述べたことだ。

つまり彼は、日米韓の本音は露を対象にしたMD包囲網の強化だとの被害者意識を強めている。あるいはそれを理由に、北方四島の軍事強化を正当化しているのだ。彼は「これらの島はその最適の場所」とさえ言う。露は公式には北朝鮮の核・ミサイル開発を批判するが、実際には日米韓が北朝鮮を「喫緊の脅威」と強い懸念を抱いていることを全く無視している。

二島返還さえ拒否する口実に

ランキング

  1. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  2. 【産経抄】5月28日

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【浪速風】43歳だった

  5. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  6. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  7. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  8. 【偏西風】踏ん張る関西小劇場 民が支えた意地、今なお

  9. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(27)琉球ジム会長・仲井真重次 沖縄のジムから世界へ

  10. 【産経抄】世の中にこれほどの理不尽はあるだろうか 11月28日

会員限定記事