LSDなどのサイケデリックな薬物は脳を「高次の意識状態」にする 英大学の研究結果

われわれが意識と呼ぶものは、認識、思考、感情によって支配されている。一般的に、意識が「ある」か「ない」かの境界線は、「起きている/夢を見ている」状態と、「眠っている/夢を見ていない」状態の間に位置する。そのなかでも起床時の意識状態は、「どれだけ覚醒しているか」と「どれだけ自分や周囲の状況を認識しているか」によってその状態を分けることができる。では「高次の意識状態」とは、通常の意識状態とどう違うのだろうか?

神経活動の多様化

今回の研究の被験者らは、LSD、シロシビン、およびケタミンの投与を受けた。実験では、被験者の意識レヴェルを反映する脳活動を記録するため、脳の電気的な活動によって生じる磁場を計測する技術、脳磁図(MEG)が用いられた。研究者らはまず、各被験者の安静時、および、プラセボ(偽薬)を投与された状態でのデータを記録。そして3つの薬物のうちのひとつを被験者に静脈投与し、幻覚剤の影響を調べた。

また被験者たちには後日、幻覚剤によってどのような体験をしたのかをアンケートにて答えてもらった。内容は「幾何学模様を見た」「時間の認識が湾曲した」「自身または自我の崩壊を経験した」「周囲に融け込む感覚があった」「スピリチュアルまたは神秘体験をした」など、多数の項目と自分の体験を照らし合わせてもらうというものだ。

その結果、LSD、シロシビン、ケタミンのすべての薬物において、脳の後頭部と頭頂部の活動が活発になり、複雑な脳活動の指標となる「神経活動の多様性」に増加が見られた。後頭部は視覚情報を処理する部位であり、頭頂部は視覚空間処理を行う部位だ。3つの薬物のなかでも、ケタミンの影響が特に強かったという。ケタミンを投与された被験者の多くは、「自我の消失」「鮮やかなイマジネーション」が顕著に現れたと語っている。

会員限定記事会員サービス詳細