野口裕之の軍事情勢

独裁国家に核・ミサイル放棄させるには実力行使 米国が北朝鮮を攻撃しなければ日本を最悪の危機が襲う

 ところで、米国の対北攻撃の前提は、日韓が覚悟を決めるだけではない。米国をだまし続けてきたのは、北朝鮮に限らなかった歴史を、米国自身が自覚すべき時だ。

 全体、米国は中国に歴史上何度だまされてきたのか。第二次世界大戦後、米国が支援してきた国民党政権を台湾に潰走(かいそう)させたのは中国共産党だ。朝鮮戦争でも米軍は、朝鮮人民軍を支援した「中国人民志願軍」をかたる中国人民解放軍と死闘を演じ、4万人以上の戦死者を出した。ソ連を牽制する戦略目的の下、中国と国交を結び、経済・軍事支援した揚げ句、南シナ海の岩礁占領など中国の軍事的膨張と自由経済体制の一部破壊を許している。 

 米国は覚醒する「時間」を無駄に費やした。日本も目を覚ますときなのだが…

会員限定記事会員サービス詳細