ひなちゃんパパの家族レシピ

鶏むね肉のおろし煮 父の日メニューに、しっとり柔らかく

鶏肉のおろし煮
鶏肉のおろし煮

6月18日は父の日。母の日はカーネーションを贈るけれど、父の日ってどうしたらいいんだろう?

「普段は離れて暮らすお父さんのために腕を振るうのも悪くないんじゃない? メニューは高齢のかたにも喜んで食べてもらえる鶏肉のおろし煮はどうかしら?」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が、鶏のむね肉を使った和の一品を薦めてくれました。鶏肉は味があっさりしているし、やわらかいので食べやすいですね。でも、煮たり焼いたりすると、どうしてもパサつきませんか?

「パサつき防止のアイデアが満載のレシピを教えるわ。普段のおかず作りにも役立つので覚えてね」と江上先生。

まず、鶏肉は食べやすいように包丁を斜めに入れて薄くそぎ切りに。片栗粉をまぶしつけてから、熱湯に入れてゆでます。

江上先生は、「そぎ切りにしてあるから火の通りが早いの。鶏肉は中までしっかりと加熱するのが大事だけれど、火の通し過ぎはパサつきの原因になるから注意してね」と教えてくれました。

大根おろしと調味料を混ぜた煮汁に長ネギと一緒に入れて、一煮したら出来上がり。