浪速風

流行語より中身ある言葉を

気が早いが、今年の新語・流行語大賞は「忖度(そんたく)」と「印象操作」が有力候補のようだ。どちらも国会発である。流行語になるほど耳に残るのだから、さぞかし中身の濃い論戦だったと思いきや、内外の重要課題をよそに、「森友」と「加計」の両学園の問題で、延々と時間を費やした印象しかない。

▶政治家は言葉が武器のはずだが、最近は練りもせずに口にする。民進党の蓮舫代表が党の会合で「(安倍晋三首相と)同じ空気を吸うのが辛いと思えるぐらい」と発言した。この人、昨年末の党首討論でも首相に「息をするようにウソをつく」。いやはや夫婦げんかの捨てゼリフだ。

▶田辺聖子さんの「私本・イソップ物語」に「男の弱点を完膚(かんぷ)なきまで突いて、女というものは浅ましく快哉(かいさい)を叫ぶ。(略)もし自分がいわれたらどんな気がするであろうかということを、ちら、とでも考えられんのだろうか」とあった。獅子の嘆きだが、安倍首相もそう言いたいだろうなあ。