橋爪功が活動を一時自粛へ、息子の遼容疑者は「やすらぎの郷」降板

橋爪功が活動を一時自粛へ、息子の遼容疑者は「やすらぎの郷」降板
橋爪功が活動を一時自粛へ、息子の遼容疑者は「やすらぎの郷」降板
その他の写真を見る (1/2枚)

 俳優、橋爪功(75)の息子で、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された俳優、橋爪遼容疑者(30)が4日、東京地検に送検された。

 午前8時35分、報道陣約30人が待ち受ける中、上下グレーのスエット、サンダル姿で、手錠をかけられた遼容疑者は憔悴した様子。捜査関係者によると、取り調べでは、取り乱すこともなかったという。午後5時55分、勾留先の警視庁築地署に到着した際はうつむき加減で疲れた表情だった。

 遼容疑者は3日付で所属事務所を解雇され、一夜明けたこの日は、連続ドラマ「やすらぎの郷」(月〜金曜後0・30)を放送するテレビ朝日が降板を発表。同局広報部によると、収録済みの出演シーンをカットして再編集し、代役については「制作過程なのでお答えできません」とした。

 父の功は活動を一時自粛する意向があることも分かった。この日、東京都内にある親子の自宅を訪れた功の所属事務所関係者によると、在宅していた功は困惑し、6日の仕事は本人が「迷惑がかかる」と取り止め、10日ごろまでは自粛する意向。まだ功に警察から連絡はなく、事実関係が明らかになり次第、文書でコメントするか会見を開いて対応するという。