テロ等準備罪

国際ペン会長が「テロ等準備罪」に反対声明

 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が国会で審議されていることを受け、世界の作家団体で構成する国際ペンのジェニファー・クレメント会長は5日、「共謀罪は日本の表現の自由とプライバシーの権利を侵害する」と題する声明を発表した。

 日本ペンクラブ(浅田次郎会長)が同日記者会見し、明らかにした。声明は「同法が成立すれば、日本における表現の自由とプライバシーの権利を脅かすものとなるであろう」と警告。「日本国民の基本的な自由を深く侵害することとなる立法に反対するよう、国会に対し強く求める」としている。

会員限定記事会員サービス詳細