浪速風

犬もあきれるトランプVS.メルケル

日増しに濃さを際立たせる歩道の緑陰が、はや恋しい。日差しは目に見えて強くなっている気がする。今年は5月に真夏日となったところもあった。そんな中、アメリカのトランプ大統領は地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を決めた。大丈夫か

▶それも心配だが、トランプ氏とドイツのメルケル首相の仲違いも気がかりだ。先のサミットでも不仲が伝えられた。欧州は他国を頼れないとメルケル氏が恨み節をいえば、トランプ氏はドイツとの貿易赤字を取り上げてツイッターで反撃。夫婦げんかは犬も食わないとは、どうせ仲直りするからほっとこう、の意だが、夫婦でなくてもこれじゃひどくて犬もあきれる

▶自由主義国が結束を乱して喜ぶ国やテロ勢力は、あまたある。ほくそ笑んでいよう。自国第一を一概に否定しないが、協調も大切だとお忘れなく。犬猿の仲、みたいな大人げない態度でなく、遠くて近きは男女の仲、くらいに構えられないものか。