今週の注目会見

「私はレイプされた」 28歳詩織さん顔出しで涙の訴え 元TBS記者「法に触れること一切してない」

【今週の注目会見】「私はレイプされた」 28歳詩織さん顔出しで涙の訴え 元TBS記者「法に触れること一切してない」
【今週の注目会見】「私はレイプされた」 28歳詩織さん顔出しで涙の訴え 元TBS記者「法に触れること一切してない」
その他の写真を見る (1/3枚)

 5月29日、1人の女性の記者会見がテレビなどで取り上げられた。元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(51)に薬を飲まされ乱暴されたとして、警察に被害届を出していた28歳の女性が東京・霞が関の司法記者クラブで開いた会見だ。女性は性犯罪被害者としては極めて異例の顔出しで、名字は伏せたものの、「詩織」という名前をあわせて公表。準強姦容疑で書類送検された山口氏が嫌疑不十分で不起訴となったことを不服として検察審査会に審査を申し立てたことを表明し、被害の実態を涙ながらに訴えた。会見の詳報は次の通り。

 《予定時間を少し過ぎて、胸元が少し開いたシャツを着た女性が、弁護士とともに入ってきた。壇上に着席し、報道陣に資料が配布される。弁護士は女性が「詩織」という名前であることや、撮影が可能なことなどを確認した》

 《20平方メートルほどの狭い会見場には、50人を超える報道陣がひしめいている。詩織さんはひるむ様子もなく、会見場を見渡し、資料を手に口を開いた》

 「私は2年前、レイプの被害に遭いました。その際、性犯罪の被害者を取り巻いている社会的、法的状況が、被害者にとって、どれほど不利に働くものなのかを痛感しました。今回、お話しさせていただこうと決意したのは、そうした状況を少しでも変えたいと強く思ったからです」