北朝鮮拉致

「日本は拉致を忘れない」バイオリニストの五嶋龍氏、全国4カ所チャリティーツアー

 「僕はあなたの気持ちの5%も10%も分からないかもしれない。だけど怒りは感じる。だから、動きます」。早紀江さんにこう伝えました。

 「間違っている」。誰かが言わないといけない。

 日本もアメリカもアートやエンターテインメントの世界は、リベラルな考え方が主流です。

 リベラルでも、コンサバティブ(保守的)の、どちらでも良いけれど、拉致のような問題では、けじめを付けないといけない。拉致被害者をまず日本に戻すことが、けじめではないでしょうか。国同士が仲良くやるかは、その次です。

「怒り」と「幸せ」

 日本の政治家は「解決へ死ぬ気で頑張ります」などと言うが、もっとスマートにやってほしい。

 僕はアメリカで育ったので、米国人的な感覚があるのかもしれません。

 拉致は北朝鮮による戦争行為であり、犯罪です。国家は、国民の安全を放置してはならないのです。

 北朝鮮は、外交の中で拉致した人間の命を、カジノやゲームのチップのように使っている。ある意味、政治のコマなのです。

 米国はトランプ政権になって、この外交というゲームをアグレッシブに動かすようになった。オバマ政権とは違う。

会員限定記事会員サービス詳細