加計学園

「面会記録が残っていない」 萩生田官房副長官が前川氏の証言否定

記者会見する萩生田光一内閣官房副長官=31日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)
記者会見する萩生田光一内閣官房副長官=31日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 萩生田光一官房副長官は31日午前の記者会見で、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の国家戦略特区を利用した獣医学部新設計画をめぐり、前川喜平・前文部科学事務次官が、和泉洋人首相補佐官から「総理は自分の口から言えないから、自分が代わって言う」などといわれたと証言したことについて、「(和泉氏に)確認したところ、前川氏との面会記録が残っておらず、確認できないと聞いている」と説明した。

 萩生田氏は「和泉氏からは、そのような発言をした記憶もなく、本件について首相から指示を受けたこともないと聞いている」とも述べ、前川氏の証言を否定した。

 一方、前川氏は30日、弁護士を通じてコメントを公表。前川氏は、昨年9月に和泉氏と首相官邸で面会した際、獣医学部設置について「文科省の対応を早くしてほしい」と求められ、「『総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う』との趣旨の発言があった」と主張している。

会員限定記事会員サービス詳細