大相撲

「正々堂々精進します」大関高安が誕生 伝達式で口上

【大相撲】「正々堂々精進します」大関高安が誕生 伝達式で口上
【大相撲】「正々堂々精進します」大関高安が誕生 伝達式で口上
その他の写真を見る (1/2枚)

 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇高安(27)=本名・高安晃、茨城県土浦市出身、田子ノ浦部屋=の大関昇進を正式に承認した。都内のホテルで大関昇進を伝える使者を迎えた高安は「大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します」と口上を述べ、角界の看板を背負っていく覚悟をにじませた。

 高安のもとに使者が到着したのは午前9時半すぎ。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)らと並んで使者の春日野親方(元関脇栃乃和歌)らから大関昇進の報告を受けた。

 高安は1月の初場所で11勝、3月の春場所で12勝、今月の夏場所でも11勝の好成績を挙げた。大関昇進の目安とされる3場所計33勝を上回る計34勝を挙げたのに加え、夏場所13日目には横綱日馬富士を下すといった内容も評価されて大関昇進を確実にしていた。

会員限定記事会員サービス詳細