日本の自殺率は世界でワースト6位、特に女性はワースト3位

 白書ではまた、27年の死因を5歳ごとの年齢階級別に分析したところ、15〜39歳の5階級で1位が「自殺」と判明。大綱では学校や行政による若年層の自殺防止対策が検討されている。