ZOOM

2時間ドラマ栄枯盛衰 視聴率低迷、消える放送枠 シニア層狙いBSへ

【ZOOM】2時間ドラマ栄枯盛衰 視聴率低迷、消える放送枠 シニア層狙いBSへ
【ZOOM】2時間ドラマ栄枯盛衰 視聴率低迷、消える放送枠 シニア層狙いBSへ
その他の写真を見る (1/2枚)

 サスペンスやミステリーとしてお茶の間で人気を博した「2時間ドラマ」が地上波から姿を消しつつある。最盛期の昭和60年代から平成初期にかけては20%前後の高視聴率を獲得していたが、近年は1桁台にまで落ち込み、民放各社は相次いで放送枠の縮小にかじを切った。一方、シニア世代の視聴者が多いBS放送では再放送を主力コンテンツに据え、ファンの取り込みにつなげている。(三宅令)

◆費用対効果…

 テレビ朝日の2時間ドラマ枠「土曜ワイド劇場」は4月の番組改編で40年の歴史に幕を下ろした。4月以降は、日曜午前のドラマ枠「日曜ワイド」に移ったが、土曜ワイド劇場の再放送が多いのが実情だ。

 土曜ワイドの放送開始は昭和52年。2時間ドラマの草分けとして、市原悦子主演の「家政婦は見た!」(昭和58〜平成20年)や、渡瀬恒彦の「タクシードライバーの推理日誌」(平成4〜28年)などの作品を世に送り出した。

 2月には、船越英一郎の「刑事吉永誠一 涙の事件簿」(16〜28年)などを生んだテレビ東京の「水曜ミステリー9」も放送を終了している。

 黎明(れいめい)期には「お茶の間で見られる映画」として人気を博